格安なAGA治療の医薬品を使用し薄毛を克服

誰しも起床をして顔を洗ったりひげを剃る時に、鏡を見る事はあるでしょう。
年齢を重ねてある程度の年齢になると髪の毛が薄くなってきたかも知れない、と感じる男性は多くなっている様です。
それを改善するには、職場でのストレスの解消や食生活の見直し等が重要であるという話は、耳にタコが出来るくらい聞き覚えのある言葉ではないでしょうか。
しかし積極的にそれらを実生活に取り入れ、実践している人ばかりでは無いというのが現実です。
また、中にはそれらを実行したけれども、薄毛解消に至らなかったという人もいるかも知れません。
それでは、髪の毛が生えてから抜けるまでの過程に起こるサイクルを知っておくと役に立ちますので、説明しておきましょう。
正常な髪の毛は成長期と言われる2年から6年間を経た後、毛根部分にある毛球が抜け始めて、退行期と呼ばれる時期が2週間程度あり、ついには毛球から完全に髪の毛が抜けます。
そして、およそ3ヶ月から4ヶ月程度の期間は髪の毛が休止期と呼び、次の髪の毛を生やす為の準備をする時間です。
その後、再度髪の毛が生え始め、髪の毛が伸び始めるというヘアサイクルをたどるのが正常な状態と言えます。
しかしAGAになった場合には、髪の毛が伸びる時間が極端に短く、数カ月程度から12ヶ月程度まで滞ってしまうのです。
また、太くてコシのある健康な毛髪であるのが正常ですが、AGAでは細く薄く、柔らかく抜けやすい状態になります。
AGAの原因になる物質を調べた所によると、ジビドロテストステロンという男性物質が高い濃度を抑える役割を果たすという事が原因である事を大学病院の教授が発見しました。
そして、AGAは治療しないと悪化する可能性がある事と、おおよそ3つの進行パターンである事がわかって来たのです。
AGAの治療薬は専門クリニックでは、飲む育毛剤と言われるパウロペシアという実績のある薬を処方される事が一般的です。
つまり、このパウロペシアによって、問題になっているジヒドロテストステロンの濃度を下げる事により、AGAの治療に繋げる事が可能になるという訳です。
しかし、この薬の問題の一つに高価であるという事が挙げられます。
ある薬の個人輸入代行業者サイトにてプロペシアが1mgで箱28錠入り1箱が5,572円で、プロペシアは日本では厚生労働省の認可が下りているので、問題なく調剤薬局から入手する事が可能です。
プロペシアの成分の特許を持つ企業はあと5年待たないと薬に含まれる成分の特許が切れないので、ジェネリックは作れない事になっているのですが、フィンペシアを開発しているインドは、医薬品における特許条約に加盟していません。
したがって、プロペシアと同じ成分でフィンペシアを作る事が出来るという訳です。
しかも、フィンペシアは1mgで箱30錠入りを1箱1850円で購入出来ますので、その差額は3722円なのですから、どちらを選べば良いのかというのは火を見るよりも明らかです。
また、食生活を改める事や有酸素運動をメニューに入れたり、睡眠を十分に取る等の基本的な事を併せて実行すると、より高い効果を得られるでしょう。

Comments are closed.