AGAは、効果的でリーズナブルなフィンペシアで治療できます。

男性にとって、薄毛は深刻な悩みです。
枕に落ちている毛の数が多い、地肌が透けてきた、父親も祖父も薄毛だから遺伝が心配など、将来の自分の髪に不安を覚える男性はとても多いようです。
確かに、髪が薄くなるとどうしても老けて見られがちですし、好きな服が似合わなくなったり、したい髪型にできなかったりと、最近のおしゃれな男性にとっては大きな問題と言えるでしょう。

近頃はテレビのCMなどでもAGA治療というキーワードが流れてきます。
AGAとは、男性型脱毛症のことで、思春期以降に急激に増える男性ホルモンが変化することで髪が薄くなる状態を指します。
遺伝的な要素に加え、生活習慣も大きな原因のひとつと言われています。

DHTと呼ばれる男性ホルモンが髪の成長を妨げることで、2年~7年と言われる髪の寿命が終わる前に、まだ細く短いうちから抜け落ちてしまうのです。
このように髪の成長期が短縮してしまうことを髪のミニチュア化と呼びますが、そのミニチュア化の結果、髪のボリュームが減り、コシや張りもなくなって、地肌が透けて見える薄毛の状態となります。
そうなってくると、育毛剤のことが気になり始めると思います。

育毛剤というと、液状のものを頭皮に揉みこむなどして発毛を促すものを想像しがちですが、最近は服用タイプの育毛剤が発売されています。
フィンペシアは、その服用タイプの男性型脱毛症(AGA)の治療薬のひとつです。
錠剤の育毛剤で、AGAの原因である毛根の細胞分裂を阻害する男性ホルモンの生成を抑制し、有効成分フィナステリドが抜け毛を予防します。
服用タイプですから、誰にも気付かれずにAGAの治療ができるというのも大きなメリットです。
また、AGAの治療薬は効果が出るまで、または改善されてきても長く飲み続けることが重要となるので、ランニングコストが心配されますが、フィンペシアはインドの製薬メーカーが開発しているジェネリック商品であるため、値段も大変リーズナブルです。
経済的な負担は軽いでしょう。
普通、髪は1ヶ月に1cmほど伸びるとされています。

AGAの人の場合ですと更に時間がかかるので、効果を感じるまでには少なくとも半年はかかると思っていた方がいいでしょう。
服用し続けることで、高い増毛効果を期待できるのです。
しかし、フィンペシアは日本では認可が下りていません。
病院や薬局などで処方してもらうことはできないので、個人輸入に頼ることになります。

個人輸入の代行業者から購入することになりますが、診察代などはもちろんかかりませんので、とても安価で手に入れることができるでしょう。
色々なサイトを覗いてみて、信頼できるショップで購入することが大切です。
フィンペシアの服用は1日1回、1錠です。
早く効果を出したいからと言って、用量を無視して飲んでも効果はありません。
強い薬ですので副作用のリスクが高くなってしまう可能性もあります。
副作用についてはこちらのサイトがくわしいのでおすすめです⇒フィンペシア
効果が期待できる薬だからこそ、用法・用量を正しく守って、気長に飲み続けることが発毛への近道です。

Comments are closed.