薄毛で悩む人とフィンペシアの服用について

薄毛で悩む男性は多く、その改善法として育毛・増毛・植毛などを行っている人は少なくありません。
その原因は遺伝や生活習慣など様々ですが、薄い状態は本人にとっても大きなコンプレックスとなってしまう事が多々あります。
そこで育毛剤を使ったり、髪の毛をはやす効果がありそうな食品を摂取するという事をしてきた人も大勢いるものです。
また頭皮マッサージをしている人もいる事でしょう。
そんな薄毛で悩む人に現在注目されている方法が医薬品の服用です。
この方法は体の内側から薄毛に働きかけるという事で、今試す人が増えてきています。
薄毛に効果があると言われている成分が、フィナステリドです。
それを効果的に摂取できる薬が、プロペシアと呼ばれる薬で、服用を続けることによって効果が期待できます。
ただ効果があるのはAGAと呼ばれる男性型の薄毛で、女性には効果がありません。
というより、妊娠をしている女性などは胎児への影響もあるので、触れる事すらいけないと言われています。
また、プロペシア自体は病院での処方か、海外医薬品の個人輸入で手に入れる事が出来ますが、薬価がどうしても高く、続けるとなるとどうしても経済的な負担が利用者には重くのしかかってしまう事も少なくありません。
とはいえ、この薬は短期間の服用でも良いわけではなく、できるだけ発毛の効果を実感したい人は長く利用する必要があります。
また、服用をやめるとその時点からまた薄毛が進んでしまうので、飲み続けなければいけません。
そこでより薬価を抑える方法として注目されているのが、ジェネリックの存在です。
有効成分は同じなので、同じような効果を期待する事が出来ます。
例えばプロペシアのジェネリックで有名なのが、フィンペシアです。
同じ有効成分が含まれているので、薄毛改善効果を期待する事が出来ます。
とは言え、ジェネリックは100%先発医薬品と同じ薬ではありません。
成分を安定させるために別のものが配合されていたり、より効果を出すために別の成分が配合されている事もあります。
また、国内ではまだフィンペシアも認可されていないので、服用は自己責任となってしまう事を理解した上で服用するようにしましょう。
しかし、さすがにフィンペシアはジェネリックだけの事はあって、プロペシアの薬価の10分の1で済みます。
この薬は毎日飲み続ける必要があるのですが、プロペシアの1か月半分くらいの薬価で、1年間この成分を摂取する事が可能となるのです。
だからより経済的負担を軽減する事が出来ると言えるでしょう。
ただ、フィンペシアは人気がある薬なので、偽物が出回っている可能性も否定できません。
個人輸入をする時は、信頼できるメーカーから直接取り寄せるか、評判の高い輸入代行業者のサイトを利用するようにしましょう。
そうすれば正規品のみを手に入れる事が出来るようになるので、薬による健康被害をより抑える事もできるようになります。

Comments are closed.