ミノキシジルとフィンペシアを併用しよう

男性にとって家族に薄毛の方がいると、将来自分もああなるのではと不安になるものですよね。
実際に男性型脱毛症(AGA)は遺伝による影響が大きいとされ、男性の薄毛の原因の実に9割がAGAだと言われています。
ですから、まだ髪がフサフサの思春期の頃から髪の毛の心配をしている方も多く、早い人ですと10代の頃からAGAの症状が現れ始めることもあるのです。
それはストレスによるものも大きいでしょう。
しかし、今はAGAに効果的な薬が手に入りやすくなっています。

ミノキシジルならば市販の育毛剤にも含まれている商品がありますし、フィンペシアのような低価格なAGA治療薬もあります。
薬の組み合わせによっては副作用が現れる事は広く知られていますから、この二つの薬を併用してもいいのかと不安に思う方もいるでしょう。
フィンペシアなどのフィナステリドを含む医薬品は、内服薬で身体の中から脱毛を防ぎ、ミノキシジルは外用薬で頭皮に塗る事によって血行を良くします。
このように、この二つはそれぞれ作用がまったく異なり、これまで併用による副作用はとくに出ていませんから、併用する事に問題はありません。
具体的に説明しますと、有効成分フィナステリドはAGAの原因物質を生成する酵素の活性を阻害する事で脱毛を抑制します。
本来、ヘアサイクルが正常な人は、成長期、退行期、休止期を繰り返し成長期がもっとも長く2~6年ほど続きますが、AGAの方は成長期が短く、毛髪が十分に成長する前に抜け落ちてしまいます。
フィナステリドはそれを正常に戻し、毛髪の成長期間をのばしてくれるのです。

一方、ミノキシジルの効果は血行を改善して毛根への血流を多くし、毛根を元気にします。
外用薬と内服薬がありますが、内服薬の場合は髪の毛だけでなく体毛全体が濃くなる可能性があり、副作用も出やすいです。
併用するなら外用薬の方が安心でしょう。
このように作用の仕方が違うため、二つを併用する事は可能ですし、併用する事で更に脱毛予防、育毛効果を得ることができます。
フィンペシアはプロペシアに比べるとかなり低価格な薬で、ミノキシジルにもジェネリック医薬品は存在します。
病院によって処方できるかどうかが変わってきますから、治療費が気になる場合は診察を受ける前に確認しておくと良いでしょう。

また、病院へ通わなくてもこれらを簡単に購入する方法もあります。
インターネットの個人輸入代行サイトを利用すれば、家にいながら24時間いつでも注文できますし、わざわざ取りに行かなくても商品は自宅まで配送してもらえます。
薬代の他に診察代や交通費、病院へ行くのにかかる時間や労力などを考えると、このような個人輸入サイトを利用するのも賢い方法と言えるでしょう。

ただし、フィンペシアで効果を実感するには最低3ヶ月以上はかかりますし、服用方法や注意事項などを誤ると、自分や周りに迷惑をかける可能性があります。
とくに妊娠中の女性はフィナステリドに触れることも避けなければいけませんので、自分で治療する時は十分に調べてから購入するようにして下さい。

Comments are closed.